JRA競馬場に皆勤賞で挑んだ男

PATで交流戦の馬券が買えるようになります、中央競馬、地方競馬の情報を集めてPATで儲けよう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

差し・追い込み馬が有利 ハンデも重要/新潟大賞典展望

こんにちは、ご機嫌いかがですか?





春の新潟開催の目玉レース。トップクラスにはちょっと足りない馬たちの争いで、エプソムCやサマー2000シリーズに向けた出発点となる。この路線は毎度同じようなメンバーの争いになりがちだが、今年は4歳馬の登録も3頭あって、ここにも世代交代の波が押し寄せることになるか、注目される。

1.今年の新潟は時計が速い

 積雪の影響が大きい新潟競馬場では、春開催は開幕週から時計がかかるのが通例だったが、今年は様相が違う。谷川岳Sがこの条件になってから最速となる1分32秒5で決着したように、開幕週は好タイムで決着するレースが多かった。芝2000mの春日山特別は、スローに流れたため全体時計は平凡だったが、出走馬の過半数が上がり3F33秒台をマークするなど、例年のイメージとは異なるキレ味勝負が繰り広げられた。

2.斤量は57kgまで

 ボーダーラインがはっきりしているハンデ重賞で、斤量が57kgを超えた馬は過去10年で[0-1-0-11]。連対を果たしたのは2016年に1番人気だったフルーキーだけで、2013年に1番人気になったナカヤマナイトは58kgで5着、2009年1番人気のオースミグラスワンは58kgで8位入線(10着降着)と、人気になっても勝ち切れない。

3.差し・追い込み馬が本領を発揮する

 日本一の長い直線を誇る新潟の外回りコースで、他場で届かなかったジリ脚タイプの差し・追い込み馬が本領を発揮する舞台となる。昨年の勝ち馬サンデーウィザードは、前走福島民報杯で3着ながら上がり3Fはメンバー中最速だった。2015年の勝ち馬ダコール(福島民報杯2着)、2014年の勝ち馬ユールシンギング(中日新聞杯4着)も同様で、「敗れながら最速上がり」というパターンから重賞制覇を決めている。


 ハクサンルドルフはオープン再昇格後の3戦の着順は6・7・4だが、上がり3Fはいずれも33秒台をマークしており、メンバー中順位は2・2・1位だった。これまで芝2000mには1回出走したのみだが、その一戦(昨秋のムーンライトH)はトップハンデを背負っての3着で、勝ち馬とはタイム差なしだった(上がりは最速)。コーナー2つの新潟ならばこの距離にも不安はない。というよりも、むしろこれくらいあったほうが、オープンでは戦いやすいのでは、とも思える。コースを問わずにいつもいい脚で追い込んでくる馬で、この舞台での競馬ぶりが楽しみだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00000000-kiba-horse
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問に感謝します。


東京競馬場のくせを見抜いて勝率アップ。

⇒ 東京競馬・完全読本(芝)


馬券が買える!レースが観れる!
地方競馬を楽しむならオッズパーク



スポンサーサイト
[ 2018/05/03 09:35 ] 重賞レース展望 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。