JRA競馬場に皆勤賞で挑んだ男

PATで交流戦の馬券が買えるようになります、中央競馬、地方競馬の情報を集めてPATで儲けよう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【桜花賞】ルメールも牝馬3冠確信!アーモンドアイ15頭ぶっこ抜きで桜冠

ご訪問いただき感謝します。
ゆっくりしていってください(^_-)




第78回桜花賞(8日、阪神11R、GI、3歳牝馬オープン国際(指)、定量、芝・外1600メートル、1着本賞金1億500万円、1~5着馬にオークスの優先出走権 =出走17頭)クリストフ・ルメール騎乗で2番人気のアーモンドアイが、直線一気の差し切り勝ち。2010年にアパパネが樹立したレースレコードを0秒2更新する1分33秒1で、牝馬クラシックの初戦を制した。ルメール騎手は牝馬3冠を狙えると明言。2冠目のオークス(5月20日、東京、GI、芝2400メートル)に向けて調整される。単勝1・8倍の1番人気に支持されたラッキーライラックは2着、3番人気のリリーノーブルが3着に入った。

 葉桜が鮮やかな仁川のターフに衝撃が走った。アーモンドアイが無敗の2歳女王を並ぶ間もなくかわし去る。上がり3ハロンは2番目に速い馬より1秒も速い33秒2。次元の違う末脚で1馬身3/4差をつけてGI初勝利を飾った。ルメール騎手も牝馬3冠を取れる大器と確信、左手を突き上げた。

 「信じられなかった。すごい脚だったね。(オークスも)勝てると思います。トリプルクラウンを考えられます」

 スタートはいつも通り後方から。じっくりと脚をため、後方2番手で直線へ。鞍上がゴーサインを出すと、一瞬で各馬をごぼう抜き。直線でひと足先に先頭に立ったラッキーライラックも余裕で抜き去った。1分33秒1の桜花賞レコードでトップゴールに飛び込んだ。

 「体が大きくなってパワーアップ。反応も速くなって、直線に向いてすぐ反応してくれた」

 ルメール騎手は一昨年のメジャーエンブレム(4着)、昨年のソウルスターリング(3着)と単勝1倍台の1番人気で涙をのんできただけに、悲願の“桜冠”に感慨深げ。「初めて勝てて、チョーうれしい」と笑みが弾けた。これで武豊騎手、蛯名騎手に続く史上3人目の牝馬限定GI6レース完全Vだ。

 2010年の牝馬3冠を制したアパパネ以来のVとなる国枝調教師。当時は栗東に滞在したが、今回は直前輸送を選択。「前回のシンザン記念でも輸送を気にしなかった。対応できるだろうと思い、美浦でしっかりと調整ができました」とトレーナーはしてやったりの表情だ。

 初めて見た1歳の春からトレーナーの評価は高かった。「いい顔をしているし、ロードカナロア産駒で体のバランスがいい」。美浦で調教が始まっても「はじけるように走る姿、ラストもギアが替わってフットワークがすごく良くなる。とにかくモノが違う」とほれ込んだ。それだけに喜びもひとしおだ。

 「2400メートルも絶対いける。まだ大きなレースを勝てると思う」とルメール騎手が豪語すれば「3冠の可能性は十分ある、と思わせてくれる内容だった」と国枝調教師も2度目の牝馬3冠達成を狙っている。オークス、秋華賞へと続く“3冠ロード”がはっきりと見えている。 (山口大輝)

★アラカルト

 ◆クリストフ・ルメール騎手 桜花賞は4度目の騎乗で初勝利。JRA・GIは15勝目。

 ◆ロードカナロア産駒 GI初制覇。グレード制が導入された1984年後、初年度産駒が桜花賞を制したのは2011年ディープインパクト産駒のマルセリーナ以来の4度目。

 ◆母子GI制覇 アーモンドアイの母フサイチパンドラは06年桜花賞で14着に敗れているが、同年のエリザベス女王杯を制覇。グレード制導入後、母子でのJRA・GI制覇は7組目(産駒は11頭)。

 ◆関東馬の勝利 2013年アユサン以来の28勝目。関西馬は50勝。

 ◆レースレコード 1分33秒1はレースレコード。従来の記録は10年アパパネの1分33秒3で、14年ハープスターも同タイム。

★入場&売り上げアップ

 8日の阪神競馬場の入場人員は前年比106・1%の4万6794人で、桜花賞の売り上げも169億1801万5100円で同104・4%とアップした。今年のGIは4レースが終了、高松宮記念に次ぐ2レース目の売り上げ増となった。

■アーモンドアイ

 父ロードカナロア、母フサイチパンドラ、母の父サンデーサイレンス。鹿毛の牝3歳。美浦・国枝栄厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績4戦3勝。獲得賞金1億7595万8000円。重賞は2018年GIIIシンザン記念に次いで2勝目。桜花賞は国枝栄調教師が10年アパパネに次いで2勝目、クリストフ・ルメール騎手は初勝利。馬名は「美人とされる顔の目の形」。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000512-sanspo-horse
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご活躍をお祈りいたします。


東京競馬場のくせを見抜いて勝率アップ。

⇒ 東京競馬・完全読本(芝)

スポンサーサイト
[ 2018/04/09 12:34 ] 競馬 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。