FC2ブログ

JRA競馬場に皆勤賞で挑んだ男

PATで交流戦の馬券が買えるようになります、中央競馬、地方競馬の情報を集めてPATで儲けよう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【梅花賞】武豊騎手騎乗メイショウテッコンが逃走V 武豊「気性が若いのが課題」

ご訪問ありがとうございます。




1月27日の京都9R・梅花賞(3歳500万下、芝・外2400メートル)は、武豊騎手騎乗の4番人気メイショウテッコン(牡、栗東・高橋義忠厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは2分28秒9(良)。

 ハナ差の2着に大外から追い込んだエタリオウ(3番人気)、さらに2馬身半差遅れた3着にサトノワルキューレ(2番人気)。1番人気のジェシーは2番手追走から伸びを欠き5着に敗れた。

 梅花賞を勝ったメイショウテッコンは、父マンハッタンカフェ、母エーシンベルシティ、母の父レモンドロップキッドという血統。通算成績は3戦2勝。

 ◆武豊騎手(1着 メイショウテッコン)「跳びの大きい馬だし、スタートが良ければ前で競馬をしようと思っていました。楽にハナに行けて、ペースも落とせましたし、馬が来れば伸びる感じでした。まだ気性が若いのが今後の課題ですね」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00000537-sanspo-horse
※この記事の著作権は配信元に帰属します





訪問ありがとうございます。


東京競馬場のくせを見抜いて勝率アップ。

⇒ 東京競馬・完全読本(芝)

スポンサーサイト
[ 2018/01/27 18:21 ] レース結果 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。