FC2ブログ

JRA競馬場に皆勤賞で挑んだ男

PATで交流戦の馬券が買えるようになります、中央競馬、地方競馬の情報を集めてPATで儲けよう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2018年の中央競馬開幕、メインは東西金杯

ご訪問ありがとうございます。




1/6(土)は中山・京都の2場開催。5日正午の馬場発表では2場ともに芝・ダート良、6日の天候は中山が晴れ、京都が曇りの予報となっている。

■2018年の中央競馬が開幕
 2018年の中央競馬がいよいよ開幕。今年最初のレースは、9時55分発走の中山1R・3歳未勝利だ。昨年の同レースを制した吉田隼人騎手は、サムシングクールに騎乗する。また、昨年の関西開幕戦では単勝9番人気・55.7倍だった藤岡佑介騎手騎乗のタガノポムルが勝利と、いきなり波乱の幕開けとなった。

■外国人騎手は不在
 M.デムーロ騎手が1/6~1/7、C.ルメール騎手が1/6~1/13まで騎乗停止中。また、短期免許取得の外国人騎手もいないため、本日の開催は全員が日本人騎手となった。

■中山金杯は明け4歳世代に注目
 中山メインは年明け恒例の重賞・中山金杯(GIII)。昨秋、古馬を相手に重賞戦線で勝利を重ねた明け4歳世代に注目したい。ウインブライト、カデナ、セダブリランテスといった重賞ウイナーに、OP特別2勝のダイワキャグニー、スプリングSで2着のアウトライアーズが出走する。

■京都金杯も有力4歳馬多数
 京都メインは京都金杯(GIII)。こちらも前走のリゲルSを完勝した明け4歳馬レッドアンシェルが1番人気に支持されそう。他にもアメリカズカップ、カラクレナイ、キョウヘイ、ラビットランと、4歳の重賞ウイナーが出走する。

■内田博幸騎手、川島信二騎手らが“年男ジョッキー”に
 2018年は、内田博幸(1970年生)、石神深一、大庭和弥、金子光希、川島信二、難波剛健、畑端省吾、蓑島靖典(1982年生)、井上敏樹、岩崎翼、城戸義政、原田和真(1994年生)と12人のJRA騎手が年男となる。内田博幸騎手は、本日中山競馬場で10鞍に騎乗予定。中山金杯ではトーセンマタコイヤに騎乗し、スタートダッシュを狙う。

■菊沢隆徳調教師、庄野靖志調教師らが“年男トレーナー”に
 調教師では、石栗龍彦、川村禎彦、昆貢、服部利之(1958年生)、小野次郎、菊沢隆徳、庄野靖志、角田晃一、羽月友彦、松山将樹、矢野英一(1970年生)、斉藤崇史、安田翔伍(1982年生、安田翔師は3月1日開業)と13人のJRA調教師が年男に。菊沢隆徳厩舎は中山金杯にダイワキャグニーを、庄野靖志厩舎は京都金杯にレッドアンシェルを出走させる。所属馬の金杯奪取で厩舎に勢いをつけることができるか。

■サトノクラウンの半妹が中山でデビュー
 中山3Rの新馬戦で、ポンデザール(父ハーツクライ)がデビュー。香港ヴァーズ、宝塚記念を制したサトノクラウンの半妹という血統で、馬名の意味由来は「ルーヴル美術館へと続くパリ、セーヌ川にかかる橋」。石橋脩騎手とのコンビで初陣を飾れるか。

■京都6Rの新馬戦にも注目馬多数
 京都6Rの新馬戦では、2016年セレクトセール1歳で2億5380万円のカザン(父ディープインパクト)が登場。他にも、2015年セレクトセール当歳で1億3500万円のトーセンヴァロン(父ディープインパクト)、ネオウィズダム半弟のスパーダドーロ(父オルフェーヴル)などが出走する。

■中山10R・ジュニアCにテンクウなど登場
 中山10Rは明け3歳馬によるオープン戦、ジュニアC。前走のサウジアラビアRCでダノンプレミアムと0.5秒差の4着だったテンクウや、新馬戦を快勝したロードカナロア産駒パルマリアなどに人気が集まりそうだ。

■京都9R・福寿草特別にアドマイヤキングなど
 京都9Rは芝2000mの3歳500万特別、福寿草特別。祖母がアドマイヤグルーヴという良血馬アドマイヤキングや、札幌2歳Sで3番人気に支持された(10着)カレンシリエージョなどが出走する。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000000-kiba-horse
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご活躍をお祈りいたします。


東京競馬場のくせを見抜いて勝率アップ。

⇒ 東京競馬・完全読本(芝)

スポンサーサイト
[ 2018/01/06 08:48 ] 重賞レース展望 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。