JRA競馬場に皆勤賞で挑んだ男

PATで交流戦の馬券が買えるようになります、中央競馬、地方競馬の情報を集めてPATで儲けよう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ホープフルS】タイムフライヤー完勝でクラシック大本命に「距離も能力も問題ない」

ご訪問ありがとうございます。




 2017年の中央競馬を締めくくる新設の2歳王者決定戦「第34回ホープフルS」(G1、芝2000メートル)が28日、中山競馬場11Rで行われ、C・デムーロ騎手騎乗の1番人気タイムフライヤー(牡2=松田厩舎、父ハーツクライ、母タイムトラベリング)が優勝。G1初勝利を挙げた。

【写真】Cデムーロは投げキッスでファンの声援に応える

 今年のJRA・G1を締めくくったのはG1年間6勝と勝ちまくったミルコの弟クリスチャンだった。インタビューの冒頭で「ありがとうございます」と兄にも負けぬ流暢な日本語であいさつした。

 クリスチャンは「全体的にペースが速かったので、あわてないように乗りました」とレースを振り返り、「集団が密集してスペースがあるかなと不安になった。でも(武)豊さんのジャンダルムがいたので、その後ろで待っていました」と落ち着いてパートナーを2歳王者に導いた。

 昨年、このレースを勝ったレイデオロは後にダービー馬となった。タイムフライヤーの来年以降の活躍についても「距離も能力も問題ない。来年、楽しみにできると思います」と太鼓判を押していた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000121-spnannex-horse
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただき感謝します。


東京競馬場のくせを見抜いて勝率アップ。

⇒ 東京競馬・完全読本(芝)

スポンサーサイト
[ 2017/12/28 18:53 ] 競馬 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。