JRA競馬場に皆勤賞で挑んだ男

PATで交流戦の馬券が買えるようになります、中央競馬、地方競馬の情報を集めてPATで儲けよう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キタサンブラック圧勝! 引退レースで逃げ切り他馬を寄せつけず 有馬記念

こんにちは、ご機嫌いかがですか?





クリスマスイブの2017年12月24日、中山競馬場11レースのグランプリ「第62回有馬記念」(GI、芝2500メートル)で、武豊騎手が騎乗した圧倒的1番人気のキタサンブラック(牡5=清水久厩舎、父ブラックタイド、母シュガーハート)が優勝した。

 勝ったキタサンブラックは、このレースで引退。ラストランで有終の美を飾った。オーナーは、歌手の北島三郎さん。競馬場を訪れた10万人超のファンが歓喜した。

■「キタサン×武豊」の最強コンビ

 武豊騎手が騎乗するキタサンブラックは、好スタートから先手を奪うとペースを落としてレースを支配。直線半ばでは堂々と抜け出し、最後は外から追い込んできた馬を尻目に逃げ切った。勝ちタイムは2分33秒6(良)。

 1馬身半差の2着は8番人気で、このレースで引退するクイーンズリング(C・ルメール騎手)、さらにハナ差の3着にはジャパンカップ優勝馬のシュヴァルグラン(3番人気、H・ボウマン騎手)だった。

 武騎手はレース後、「最高にうれしい。このような名馬と巡り会えて光栄です。スタートした後は、迷いなく先手を取りにいきました。最後はがんばってくれ、という思いで追いました。レース後はありがとう、ご苦労様と声をかけました」と語った。

 キタサンブラックと武騎手を、NHKのレース解説の鈴木康弘元調教師は「ゲートに入ったときに、(キタサンブラックが)少し嫌がったときに、武騎手がやさしく撫でてあげてなだめると、好スタート。あとは自分のペース。ゴール直前、馬も疲れてくるとフォームを崩すんですが、この馬はそれもないんですね」と評し、その強さに舌を巻いた。

 キタサンブラックと武豊騎手、まさに最強のコンビだったようだ。

オグリキャップ、ディープインパクトに続く3勝目
 有馬記念に優勝したキタサンブラックは、JRAのGIレース通算7勝。これは、シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、ウオッカに並ぶ歴代最多タイ。また、獲得賞金でもテイエムオペラオー(18億3518万9000円)を抜き、賞金ランクで歴代1位となった。通算戦績は20戦12勝。

 武豊騎手の有馬記念は、1990年のオグリキャップ、2006年のディープインパクト以来の3勝目で、過去2勝も引退レースだった。

 ツイッターなどに寄せられた声には、「(キタサンブラックに)お疲れさま」とともに、引退を惜しむ声も少なくない。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000006-jct-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご活躍をお祈りいたします。


東京競馬場のくせを見抜いて勝率アップ。

⇒ 東京競馬・完全読本(芝)

スポンサーサイト
[ 2017/12/24 17:36 ] レース結果 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。