FC2ブログ

JRA競馬場に皆勤賞で挑んだ男

PATで交流戦の馬券が買えるようになります、中央競馬、地方競馬の情報を集めてPATで儲けよう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【天皇賞・秋】キタサンの底力信じた武豊「彼らしい走りをしてくれた」

こんにちは、ご機嫌いかがですか?





G1馬8頭が激突するハイレベルな一戦となった「第156回天皇賞・秋」(G1、芝2000メートル)が29日に東京競馬場11Rで行われ、武豊騎手騎乗の1番人気キタサンブラック(牡5=清水久厩舎、父ブラックタイド、母シュガーハート)が優勝した。

 鞍上の武豊は開口一番「すごく大きい勝利」と安どした表情。「これだけの馬に乗せてもらっていますから、本当にほっとしています」とプレッシャーから解放され、満面の笑顔を見せた。

 「ゲートに突進してしまって…」とスタートで出遅れたが「競馬は必ず前とは決めていなかったので、周りを見てから」と天才は冷静だった。馬場の荒れた内を通って、ロスを挽回。「こういう馬場でもこなしてくれる自信もありました。ロスがあるので内に賭けました」と愛馬の底力への信頼があった。

 直線半ばでは完全に先頭に。「早く先頭に立ってしまった。それでも力がある馬なので(大丈夫)。きょうは彼らしい走りをしてくれた」とキタサンブラックを称え、次走に予定されるジャパンCについては「連覇を目指して、頑張っていきます」と言葉に力を込めた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00000131-spnannex-horse
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


東京競馬場のくせを見抜いて勝率アップ。

⇒ 東京競馬・完全読本(芝)

スポンサーサイト
[ 2017/10/29 16:33 ] G1 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。