FC2ブログ

JRA競馬場に皆勤賞で挑んだ男

PATで交流戦の馬券が買えるようになります、中央競馬、地方競馬の情報を集めてPATで儲けよう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

京都5R新馬 元プロボクサーにちなんで名付けられたスーパーフェザーが完勝

こんにちは、ご機嫌いかがですか?





28日の京都5R・2歳新馬(芝1800メートル=16頭立て)は、1番人気でディープインパクト産駒のスーパーフェザー(牡2歳、栗東・友道康夫厩舎)が大外を一気に伸び、デビュー勝ちを果たした。勝ちタイムは1分50秒6。

 スタートは速くなかったが、中団で流れに乗って追走。馬場のいい外に進路を取り、メンバー最速36秒2の脚で伸びると、食い下がるレッドヴェイロンを首差退けた。

 母オーサムフェザーはBCジュベナイルフィリーズなど米G1を2勝した名牝で、昨年のセレクトセール1歳セッションで2億6000万円(税抜き)の最高価格。Mデムーロ騎手の「緊張した。ヤバイね。強かった。とってもいい馬。まだ子どもだけど、調教の時より頑張っていた。かっこいいし、おとなしくて落ち着いていた。1800~2000メートルくらいがいいね」と安どの表情で賛辞の言葉を並べた。

 次走は未定だが、友道調教師は「いい脚を長く使う。距離はこれくらいがいいかな」と笑顔を見せた。クラレントなど重賞ウィナー4頭がきょうだいにいるレッドヴェイロンやブエナビスタの半妹プリメラビスタ(8着)など評判馬がそろった一戦を制し、今後に期待を寄せた。

 同馬の名前は母オーサムフェザーに加え、オーナーのKTレーシングが後援会長を務めていた元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志氏にちなんで名付けられた。口取りに加わった内山氏は「セレクトセールに行って、落とす時もその場に一緒にいたんです。メンバーがそろっていたし、勝ってホッとしました。先がすごく楽しみ」とゼッケンをプレゼントされて満面の笑みを見せた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00000103-sph-horse
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご活躍をお祈りいたします。


東京競馬場のくせを見抜いて勝率アップ。

⇒ 東京競馬・完全読本(芝)

スポンサーサイト
[ 2017/10/28 19:54 ] 新馬 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。