JRA競馬場に皆勤賞で挑んだ男

PATで交流戦の馬券が買えるようになります、中央競馬、地方競馬の情報を集めてPATで儲けよう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ステルヴィオなど、サウジアラビアRC厩舎情報

ご訪問ありがとうございます。




2歳馬による重賞、第3回サウジアラビアロイヤルC(GIII・芝1600m)に美浦から出走する注目馬について、管理する各調教師のコメント。

■ステルヴィオ(牡2・美浦・木村哲也)について、木村調教師。
「この馬の兄姉も管理させてもらいましたが、上に比べて良い意味でのんびりしていて落ち着きがあります。前走のコスモス賞(OP・1着)は輸送がありましたが、気負わずに走ってくれて頼もしく感じました。前走後はノーザンファーム天栄で疲れを取って、帰厩しています。

 今週(10/4)は前に馬を置いて、最後は2頭で頑張れるような形でしっかり追い切ろうと思っていました。先週より動けるようになってきていますし、あまり走りやすくない馬場状態の中で頑張ってくれました。1月生まれなので元々馬はできていましたが、筋肉の付き方がしっかりしてきています。東京の1600mはデビュー戦(1着)でも走った条件なので問題ありません。メンバーがさらに強くなりますが、その中でどういう走りをしてくれるか見てみたいと思います」

■スワーヴエドワード(牡2・美浦・国枝栄)について、国枝調教師。
「デビュー戦(1着)はあまりスタートが良くなかったのですが、その後は良い走りをしてくれました。前走後は放牧に出て、このレースを目標に調整をしました。今週はある程度しっかり追い切りましたし、態勢は整いました。気性的に少し前向きな感じがありますので、距離が1800mから1600mに短縮されるのは良いでしょう」

■テンクウ(牡2・美浦・奥村武)について、奥村武調教師。
「前走の新潟2歳S(GIII・3着)は惜しい競馬でした。もっと差を詰められるかなと思いましたが、道中の位置取りの差が出た感じですね。前走後は在厩で、あまりテンションを上げないように気をつけて調整しています。体がある馬ではないですし、今回はむしろ体重は減っているかもしれませんが、非常に健康体ですし、前走とは仕上がりに雲泥の差がありますね。

 左回りのマイルは2戦続けて走っていますし、東京はデビュー戦で勝っていますので心配していません。今回のメンバーは甘くはないので、そのあたりの力関係がどうかですね」

■カーボナード(牡2・美浦・栗田徹)について、栗田徹調教師。
「前走(未勝利・1着)後は在厩で調整してきました。2週間ほど楽をさせて、先々週あたりから徐々にピッチを上げてきました。先週は右にモタれるような面を見せていましたので、今週(10/4)の追い切りはそのあたりの確認と修正を考えていましたが、終いまで上手に走れていました。

 前走は気持ち的にピリピリしていたので、この中間もそれを心配していましたが、テンションを上げずにできましたし、心身ともに良い状態です。今回は重賞になりますが、追走するにもこの馬にはレースがしやすいと思います。決め手や脚力はかなりのものがありますので、メンバーが強くなりますけどどれだけやれるか楽しみです」

■ルッジェーロ(牡2・美浦・鹿戸雄一)について、鹿戸調教師。
「今週(10/4)の追い切りは古馬と併せました。前を追いかけて内に入る形でしたが、最後も余裕がありましたし、涼しくなってきて体調も良さそうです。この前より良いくらいだと思います。前走のアスター賞(500万下・3着)は出遅れて外々を回る形になりましたが、まともにゲートを出て流れに乗ることができれば違うと思います」

(取材・写真:佐々木祥恵)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-00000003-kiba-horse
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただき感謝します。


東京競馬場のくせを見抜いて勝率アップ。

⇒ 東京競馬・完全読本(芝)

スポンサーサイト
[ 2017/10/06 13:51 ] 重賞レース展望 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。