JRA競馬場に皆勤賞で挑んだ男

PATで交流戦の馬券が買えるようになります、中央競馬、地方競馬の情報を集めてPATで儲けよう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サトノダイヤモンド悲願Vへ「息遣い良化」

ご訪問ありがとうございます。




さあ、歴史的瞬間を見届けよう。世界最高峰のフランスG1「第96回凱旋門賞」は1日23時5分(現地時間16時5分)にゲートイン。日本の期待を背負うサトノダイヤモンド&サトノノブレスはレース前日、リヨン坂路コースを駆け上がり、無事に最終調整を終えた。オルフェーヴルで2度の2着に泣いた池江泰寿師(48)にとっては、3度目の挑戦で悲願達成を目指す。

 決戦前日の晴れ渡ったシャンティイ。2頭を送り込む池江師は「毎年、このレースを目標にして、勝つことを掲げて馬づくりをしている。(自身にとって)3回目の出走になるけど、また、この場に立つことができて幸せです」と気を引き締めた表情で口を開いた。

 サトノダイヤモンドの最終調整は走り慣れたリヨンの坂路コースへ。僚馬サトノノブレスと共に2本駆け上がった。池江師は「水曜の追い切りで負荷をかけたこともあるし、前走より動き、息遣いは良くなっている」と感触を口にする。

 前哨戦のフォワ賞(4着)はまさかの惨敗。ただ、力を出し切っていないのは明らか。池江師は「前走は調教の時から息の入りが良くなくて、レース後も良くなかった」と明かした。レース翌日には内視鏡検査で症状を診断するなど本番が心配される事態もあった。幸いにも「重篤ではなく矯正馬具で対処したら効果はあった。DDSP(軟口蓋の背方変位)の初期段階で治まったし息遣いも良くなった」と大事には至らず、世界最高峰へのチャレンジはかなえられた。

 金曜午後には、2頭を所有する里見治オーナーが滞在先の小林厩舎を激励に訪れた。指揮官は「オーナーには状態を伝えた。前走はまだ仕上がり途上だったけど、使ったことで状態はいいころに近づいているかな」と上昇ぶりを明かす。

 状態、枠順、馬場…。凱旋門賞ウイークに突入して次々と不安要素が挙がり、陣営の表情もさえなかった。確かに調教の動きを見る限り、ベストなコンディションとは言えないかもしれない。それでも、日本のトップホース。世界に通用するレベルにはある。「たくさんのファンに注目していただいているし、期待に応えられるように頑張りたい」と口を結んだ池江師。

 1969年、スピードシンボリとミスター競馬・野平祐二から始まった挑戦。日本ホースマンの悲願に向かって、ダイヤモンドが最高の輝きを放つ時が刻一刻と迫っている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00000056-spnannex-horse
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただき感謝します。


東京競馬場のくせを見抜いて勝率アップ。

⇒ 東京競馬・完全読本(芝)

スポンサーサイト
[ 2017/10/01 08:40 ] 海外遠征 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。