FC2ブログ

JRA競馬場に皆勤賞で挑んだ男

PATで交流戦の馬券が買えるようになります、中央競馬、地方競馬の情報を集めてPATで儲けよう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京で春のチャンピオンマイラー決定戦の安田記念・GI

ご訪問いただき感謝します。
ゆっくりしていってください(^_-)




東京5週連続GIは最終戦となり、上半期のチャンピオンマイラー決定戦、安田記念(6月3日、芝1600メートル)が行われる。過去10年を見ても、ウオッカ(2008、09年連覇)、スマイルジャック(10、11年3着)、ストロングリターン(11年2着、12年優勝)、グランプリボス(12、14年2着)、ショウナンマイティ(13年2着、14年3着)、モーリス(15年優勝、16年2着)、ロゴタイプ(16年優勝、17年2着)とリピーターの活躍が目立つレースだが、今年は珍しく昨年の出走馬はレッドファルクス(3着)だけ。ガラッと顔触れが変わった。

 出走馬中、GI馬が7頭という豪華なメンバー構成だが、なかでも注目はスワーヴリチャード(栗東・庄野靖志厩舎、牡4歳)。GI初制覇となった前走の大阪杯は、外枠から後方を追走したが、向こう正面で一気に先頭に立って押し切ってしまった。右回りではモタれる面があるため、ラチ沿いを走れるようにした思い切った戦法。ミルコ・デムーロ騎手だからこそできた競馬だった。今回は共同通信杯、アルゼンチン共和国杯を勝ち、ダービー2着の実績がある東京コース。1800メートル以上のレースしか経験がないだけに、マイルへの対応が大きなポイントになるが、直線が長いコースだけに克服する可能性は高いとみていい。レース間隔は少しあいたが、中間の乗り込み量は豊富で、十分に力を発揮できそうだ。

 マイル実績では昨年のマイルチャンピオンシップ優勝馬ペルシアンナイト(栗東・池江泰寿厩舎、牡4歳)が最上位。今年は中山記念5着、大阪杯2着と中距離に出走して勝ちきれていないが、得意の距離なら見直せる。池江厩舎&川田将雅騎手にとっては、昨年のサトノアラジンに続く連覇がかかる一戦だ。

 サトノアレス(美浦・藤沢和雄厩舎、牡4歳)は一昨年の朝日杯フューチュリティSの勝ち馬。その後は伸び悩んでいる印象だが、ここ3戦はキャピタルS2着、東京新聞杯2着、京王杯スプリングC3着と安定して走っている。3走前、2走前は上がり3ハロン最速の脚を発揮し、前走も2位ながら32秒7と強烈な末脚を披露。展開次第では突き抜けても不思議ではない。

 昨年のNHKマイルC優勝馬アエロリット(美浦・菊沢隆徳厩舎、牝4歳)は、今回のメンバーでは少ない先行脚質。ハイペースだった中山記念で2番手を進み、差のない2着に粘ったように、牡馬が相手でも力は通用する。前走のヴィクトリアマイルはスローの切れ味勝負になって4着。今回は早めに動いて後続に脚を使わせる展開に持ち込めば、怖い存在だ。

 ここまではいずれも4歳のGI馬だが、GI未勝利でも好勝負になりそうな4歳馬がいる。サングレーザー(栗東・浅見秀一厩舎、牡4歳)は、前哨戦のマイラーズCをコースレコード勝ち。昨秋のマイルチャンピオンシップでも小差の3着に健闘しており、GI級の能力を示している。マイルCSが稍重で、その前に勝ったスワンSが重馬場だったように、道悪になればよりチャンスが出てくるはずだ。福永祐一騎手にとっては、ダービー制覇に続く2週連続のGI勝ちがかかる。

 リスグラシュー(栗東・矢作芳人厩舎、牝4歳)はGIで2着が4度。いつGIを勝ってもおかしくない存在だ。前走のヴィクトリアマイルは後方から大外一気でハナ差の2着だった。稍重で上がり3ハロン32秒9は驚異的な数字といえる。東京新聞杯ではサトノアレスに完勝しているように、牡馬が相手でも問題はない。東京のマイル戦は全て重賞で1、1、2着。いつタイトルに手が届いてもおかしくない実力の持ち主だ。

 5歳以上ではリアルスティール(栗東・矢作芳人厩舎、牡6歳)が最有力。一昨年は世界の強豪を相手にドバイターフを制した。ただ、同年は帰国初戦だった安田記念でまさかの11着に大敗しているだけに、同じくドバイターフ(3着)後の今年は状態が鍵になる。また、新コンビ岩田康誠騎手の手綱さばきにも注目したい。

 前述した昨年の3着馬でスプリンターズSを連覇しているレッドファルクス(美浦・尾関知人厩舎、牡7歳)は、1400メートルを超えると詰めが甘くなるだけに、距離克服が課題になる。

 香港から挑戦するウエスタンエクスプレス(ジョン・サイズ厩舎、セン6歳)にも注意が必要だ。Gレース未勝利ながら、昨年12月の香港マイル、前走のチャンピオンズマイルとGIで2着が2度ある。外国馬は08年2着のアルマダを最後に好走が途絶えているが、本格化したばかりなので上位争いをする可能性はあるだろう。

 ほかにも、近況不振ながら、昨年の桜花賞馬レーヌミノル(栗東・本田優厩舎、牝4歳)、重賞初挑戦だったダービー卿チャレンジTを勝って挑むヒーズインラブ(栗東・藤岡健一厩舎、牡5歳)、2走前の京都金杯で同じく重賞初制覇を飾ったブラックムーン(栗東・西浦勝一厩舎、牡6歳)なども上位を争う力がありそうだ。夏場に強く、単騎逃げが有力なウインガニオン(栗東・西園正都厩舎、牡6歳)にも注意を払いたい。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180603-00000506-sanspo-horse
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問に感謝します。


東京競馬場のくせを見抜いて勝率アップ。

⇒ 東京競馬・完全読本(芝)


馬券が買える!レースが観れる!
地方競馬を楽しむならオッズパーク



スポンサーサイト
[ 2018/06/03 09:57 ] 重賞レース展望 | TB(-) | CM(-)

【ダービー】無敗の2歳王者ダノンプレミアムが単勝2.2倍で1番人気/前日最終オッズ

ご訪問いただき感謝します。
ゆっくりしていってください(^_-)




今年もまた、この日がやってくる。今週の日曜東京メインは競馬の祭典・日本ダービー(27日、GI、芝2400メートル)。全てのホースマンが夢見る舞台で、2015年生まれのサラブレッド6955頭の頂点が決する。今年は過去10年で2位タイとなる重賞勝ち馬13頭がメンバーに名を連ねるが、例年にない混戦ムードを断ち切るのは、果たしてどの馬か。

 前日最終オッズは以下のとおり。

 皐月賞回避の無念を晴らしたい無敗の2歳王者ダノンプレミアムが単勝2.2倍で1番人気、毎日杯を制し、3戦3勝のブラストワンピースが単勝6.0倍で2番人気、名付け親がビートたけしで注目を集める皐月賞5着馬キタノコマンドールが単勝8.4倍で3番人気、1番人気だった皐月賞で7着に敗れたワグネリアンが単勝9.3倍で4番人気、皐月賞馬エポカドーロが単勝10.7倍で5番人気となっている。

 注目の日本ダービーは27日、東京競馬場(10R)で、午後3時40分にスタートが切られる。

(左から)枠番-馬番 馬名  単勝オッズ

1- 1 ダノンプレミアム   2.2

1- 2 タイムフライヤー  88.8

2- 3 テーオーエナジー 216.0

2- 4 アドマイヤアルバ 209.4

3- 5 キタノコマンドール  8.4

3- 6 ゴーフォザサミット 16.7

4- 7 コズミックフォース163.5

4- 8 ブラストワンピース  6.0

5- 9 オウケンムーン   77.2

5-10 ステイフーリッシュ 39.9

6-11 ジャンダルム    40.6

6-12 エポカドーロ    10.7

7-13 グレイル      22.0

7-14 エタリオウ    109.7

7-15 ステルヴィオ    16.0

8-16 ジェネラーレウーノ 24.4

8-17 ワグネリアン     9.3

8-18 サンリヴァル    94.3


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00000555-sanspo-horse
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただき感謝します。


東京競馬場のくせを見抜いて勝率アップ。

⇒ 東京競馬・完全読本(芝)

[ 2018/05/26 19:29 ] 重賞レース展望 | TB(-) | CM(-)

新設3歳スプリント重賞・葵Sなど

こんにちは。
よーこそ皆勤賞男のブログです。
今日は過ごしやすくて、競馬日和だな。こんな日は馬券的中する感じ。



5/26(土)は東京・京都の2場開催。25日正午の馬場発表は2場ともに芝・ダート良。26日の天候は東京が曇り時々晴れ、京都が晴れ時々曇りの予報となっている。

■新設3歳スプリント重賞・葵S
 京都11Rは葵S(新設重賞)。昨年まではオープン特別として行われていたが、スプリント路線の拡充を図る観点から格上げとなった。小倉2歳Sの勝ち馬アサクサゲンキや、ロードカナロア産駒アンヴァルなどが出走する。

■東京11R・欅Sにサンライズノヴァなど
 東京11Rはダート1400mの欅S(OP)。ユニコーンS制覇、フェブラリーS4着などの実績があるサンライズノヴァにかなりの人気が集まりそうだ。なお、アキトクレッセントはドバイ遠征(ゴドルフィンマイル14着)からの復帰戦となる。

■東西メインレースはテイエムオペラオー追悼競走に
 5月17日に死亡したテイエムオペラオーを追悼して、JRAは追悼関連行事を実施すると発表。東西メインの欅S・葵Sは「テイエムオペラオー追悼競走」となる。また、東京・中山・京都・阪神・小倉競馬場にはテイエムオペラオーへの献花台・記帳台が設置される。

■藤田菜七子騎手は東京で2鞍に騎乗
 あと2勝でGI騎乗が可能になる藤田菜七子騎手は、東京で2鞍に騎乗(1Rのペコボーイ、3Rのオールステリーナ)。東京競馬場での騎乗は2月11日以来となる。

■一時帰国中の坂井瑠星騎手は東京で8鞍
 オーストラリアでの修行から一時帰国し、先週3勝と早速成果を見せた坂井瑠星騎手。本日は欅Sのドリームキラリなど東京で8鞍に騎乗する(今週までは日本で騎乗)。

■東京10R・葉山特別にシンギュラリティなど
 東京10Rは芝1600mの葉山特別(1000万)。このクラスで3・2・2着のシンギュラリティや、秩父特別(1000万下)で2着のアオイシンゴ、明日の日本ダービーに出走するオウケンムーンの半兄ルナプロスペクターなどが出走する。

■京都10R・朱雀Sにアッラサルーテなど
 京都10Rは芝1400mの朱雀S(1600万)。このクラスで惜しい競馬が続いているアッラサルーテ、京都牝馬Sで3着の実績があるエスティタートなどが出走する。

■フェルメッツァ、トゥルーウインドが障害デビュー
 東京4Rの障害未勝利にフェルメッツァが出走。アーリントンC(GIII)・小倉記念(GIII)で3着などの実績がある平地オープン馬が障害デビューを迎える。また、平地で1600万まで上がったトゥルーウインドも今回が障害デビュー戦となる。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00000000-kiba-horse
※この記事の著作権は配信元に帰属します





訪問ありがとうございます。


東京競馬場のくせを見抜いて勝率アップ。

⇒ 東京競馬・完全読本(芝)

[ 2018/05/26 09:12 ] 重賞レース展望 | TB(-) | CM(-)

19日、京都競馬場でダート重賞・平安S(GIII)

こんにちは、ご機嫌いかがですか?





京都では土曜メインにダートGIIIの平安S(19日、1900メートル)が組まれている。2013年に1月からこの時期に移設され、距離も100メートル延長。それとともにメンバーのレベルがアップし、今年もGIIIとは思えない好メンバーがそろった。

 なかでもひときわ目を引くのがグレイトパール(栗東・中内田充正厩舎、牡5歳)だ。芝でデビューして1、7、13着後、ダートに転向してから5連勝で重賞初挑戦だった昨年のこのレースを制覇。その後、骨折で11カ月の休養を余儀なくされたが、復帰戦のアンタレスSも危なげなく快勝した。先行、差しと脚質は自在で、レースぶりに隙がない。4走前の初夢Sでテイエムジンソクを差し切り、昨年は4馬身差の圧勝を飾った舞台。ひと叩きした上積みもある今回、連覇を飾る可能性は十分ある。

 テイエムジンソク(栗東・木原一良厩舎、牡6歳)は2番人気だったフェブラリーSで12着と大敗。1700メートル以上のレースしか経験がなかっただけに、初のマイル戦で、しかもハイペースでは厳しかった。だが、1800メートルなら見直せる。チャンピオンズCこそゴールドドリームの決め手に屈して2着に敗れたが、みやこS、東海Sと中距離では重賞2勝の実力馬。5勝を挙げている京都も、コースとしてはベストだろう。

 末脚の爆発力ではナムラアラシ(栗東・牧田和弥厩舎、牡5歳)が上位だ。今回と同じ京都ダート1900メートルが舞台だった3走前のオープン特別・アルデバランSでは内から馬群をさばいて差し切り勝ち。続く仁川Sも同様なレース内容で快勝した。前走のアンタレスSは出負けが影響して8着だったが、スタートが決まれば侮れない。

 名古屋大賞典、アンタレスSと重賞で連続2着なのが、ミツバ(栗東・加用正厩舎、牡6歳)。いい脚を長く使うタイプで、松山弘平騎手もすっかり手の内に入れている。京都ダートは【1・0・2・4】の戦績だが、オープン入り後は一度も走っていない。今の充実ぶりなら、上位争いに加わってくるはずだ。

 重賞未勝利ながら近走の内容が光るのがクインズサターン(栗東・野中賢二厩舎、牡5歳)。マーチSは中団から追い上げてセンチュリオンとハナ差の2着。アンタレスSも後方からグレイトパールと同じ3ハロン37秒1の末脚を繰り出して3着に食い込んだ。以前は“左回り専用”のイメージだったが、最近は右回りでもしっかり走れていて本格化気配。展開が向けば、上位進出がありそうだ。

 サンライズソア(栗東・河内洋厩舎、牡4歳)は2走前の名古屋大賞典で重賞初制覇を飾ったが、前走のブリリアントSで14着と大敗。4走前の師走Sでも10着と大敗しているように、成績にむらがあるタイプだけに巻き返しの可能性はある。

 クイーン賞勝ち、JBCレディスクラシック2着の実績があるプリンシアコメータ(美浦・矢野英一厩舎、牝5歳)、関東オークス、レディスプレリュードと重賞2勝のクイーンマンボ(栗東・角居勝彦厩舎、牝4歳)の牝馬2頭も上位争いを演じても不思議ではない。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000503-sanspo-horse
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご活躍をお祈りいたします。


東京競馬場のくせを見抜いて勝率アップ。

⇒ 東京競馬・完全読本(芝)

[ 2018/05/19 08:06 ] 重賞レース展望 | TB(-) | CM(-)

父の悲願必ず!祐一 高知でファンに宣言「ダービー勝ちたい」

こんにちは。
よーこそ皆勤賞男のブログです。




3日の高知競馬は恒例の福永洋一記念デーで盛り上がった。毎年、来場している福永祐一(41)がカツオのたたきを振る舞うなどしてファンと交流。トークショーでは「父が現役の頃は毎日、競馬四季報をながめていたそうです。天才といわれるけど、データ派でもあったんじゃないかと思います」と、2年ぶりに訪れた父・福永洋一氏(69)の秘話を披露した。

 高知が洋一氏の出身県である縁から始まり、今年9回目を迎えるメインレース「福永洋一記念」は11Rで争われ、宮川実騎乗の紅一点ティアップリバティ(牝5)が優勝した。

 レース後には父子でプレゼンター役として登場。「今年も父と高知に来ることができたのは、みなさんのおかげです。ダービー(27日)制覇は父の夢でもあったのでワグネリアンでぜひ勝ちたい」と父が勝てなかったダービー獲りをアピールし、詰めかけたファンの声援を浴びていた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000058-spnannex-horse
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問に感謝します。


東京競馬場のくせを見抜いて勝率アップ。

⇒ 東京競馬・完全読本(芝)


馬券が買える!レースが観れる!
地方競馬を楽しむならオッズパーク



[ 2018/05/04 07:39 ] 騎手 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。